Air MacにWindowsを入れてみた

GWの最終日。昨年末にできなかった作業を1つであった、Windowsのインストールをクリア。いつも持ち歩いているAir MacにWindows OSをいれました。

今回はBoot Campを使わずにParallelsを導入することにしました。ParallelsはMacを立ち上げながら仮想環境としてWindows OSを動かすことのできるソフトです。以前、Ver6を使ったことがあったのだけれど、やや動きがもっさりした感じがあったので敬遠してたのですが、もうCPUのパワーが凄い高くなってきているので、違和感ないという話を聞き、導入を決定。

1つのアプリとしてWIndowsを動かすことの出来るイメージ、デスクトップを出さないで完全にMACライクな運用も可能

1つのアプリとしてWIndowsを動かすことの出来るイメージ、デスクトップを出さないで完全にMACライクな運用も可能

セキュリティソフトのライブアップデートがなぜかつまずいてその不具合を回収するのに時間を手間取ったこと、Windows Updateにものすごい時間を取ったことがツラかった……。

以前使っていたMac Book Air(Boot CampでWindows 7をインストール)からの移行作業だから丸々1日が吹っ飛びました。 あと懸案はSPSSという統計ソフトをインストールしていない点かな。無事にインストール出来ればいいけど……。

広告

Air MacにWindowsを入れてみた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: OSは絶対上げません | doubleincome Happy Life

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中